日本人はお風呂好き

 「集まれ全国のふろリアンよ!」と題したブログを読んだ。ふろリアンとは風呂好きの人を指すそうで、お風呂に関する意見交換の場になっている。

 私が最も興味を持ったのは、「やっぱり日本人はお風呂好き」というエントリー。お風呂に入ってリラックスするという考えは日本独特のものらしい。欧米の湯船は浅く、体を洗う作業に使うだけで、お湯につかって疲れをとるという感覚はない。お風呂にいちばん熱い思いを抱いているのは日本であり、風呂文化は日本独自の文化だと、熱く語られていた。

 私も、お風呂は全身をリラックスさせる方に重きを置いている。

 冬になると、肌が乾燥して痒くなる。夜中に目が覚めて、腕まくりして両腕をボリボリ掻くこともあった。そこで、あまり汗をかかない冬の間だけ、石鹸で全身を擦って洗うのは2、3日おきにしている。それ以外の日は、ゆったり湯船に浸かって温まるだけにした。もう3年ほど前から続けているが、肌の痒みがなくなり、すこぶる調子がいい。

 今年は、湯船の中に入れて座れる「半身浴用のイス」を購入したので、ぜひ半身浴にも挑戦したいと思っている。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック