第46回衆議院選挙

 朝7時過ぎ、早々と投票を済ませてきました。

 「小選挙区」と「比例区」はもちろんですが、私は「最高裁判所裁判官の国民審査」もしっかり書きました。

 「過去にどんな判決を行なったか? 国益に反する判決かどうか?」を基準に、事前にネットでいろいろ調べて判断します。今回は、一人を除いて全員×を付けました。過去、この国民審査によって罷免された裁判官はいませんが、これも国民の権利ですから、きちんと行使すべきです。

画像


 投票を終えて外に出ると、出口調査をやっていました。アンケート用紙を渡されて、該当する選択肢を丸で囲む形式のものでした。

あなたの年齢は?
  20代  30代  40代  50代  60代  70代・・・

今回、小選挙区は誰に投票しましたか?
  候補者1  候補者2  候補者3 

今回、比例区はどの党に投票しましたか?
  ○○党  △△党  ●●党・・・・・

 前回の衆議院選挙で民主党に投票しましたか?
  ・民主党に投票した
  ・民主党に投票しなかった
  ・投票に行かなかった

普段、支持している政党はどこですか?
  ○○党  △△党  ●●党・・・・・
  支持政党なし

原発はどうするべきだとお考えですか?
  ・すぐ廃止すべき
  ・少しずつ廃止すべき
  ・全部なくす必要はない


 最後の「原発」に関する質問の選択肢、偏ってますね。「まず脱原発ありき」でしか答えられないように誘導しています。「原発推進派」の意見は初めから排除されているのです。世論調査なども含め、こうやって自分たちに都合のいい結果しか出ないように質問を操作していることが改めてよく分かりました。

 解答を終えて、女性の調査員にアンケート用紙を手渡す際、尋ねてみました。

私「どちらの調査ですか? どこかの新聞社の方?」
調査員「朝日新聞です」
私「あ、そうですか、ご苦労様です」


さもありなん(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック