ハネムーンじゃないの?

 アメリカでも政権交代後、ハネムーン期間ということで100日間は批判をせずに見守るものだ。

 こう言ってマスゴミは、3年半前、政権交代を果たした民主党に対し、不都合な報道をしないことを正当化していました。ところが今回、自民党に対してはハネムーン期間どころか、投票が終わった途端にネガティブキャンペーン開始。

 本来マスコミは、「時の権力を監視すること」が役割のはずです。しかし、民主党政権時代、彼らは与党民主を叩くことはせず、野党第一党である自民党をひたすら叩き続けてきました。「反権力」であるはずのマスゴミが「反自民」であることは明白です。

 国民による総選挙の結果なのに「民意を反映していない」だの、まだ組閣もしていない段階で「お友達内閣」だの、自民圧勝がよほど面白くないとみえます。

 自民党総裁選当日、安倍さんが食べたカツカレーの値段を批判していたことがありましたが、

 只今、特別国会に向けて準備中です。今夜はホテルで夕食。メニューは例のカツカレーです。 ~安倍晋三 facebookより

と堂々と宣言。安倍さん、余裕です。完全にマスゴミはおちょくられていますね(笑)


 また、首相就任後は、例の「ぶら下がり取材」には応じない方針を固めたようです。マスゴミによる「失言探し・揚げ足取り」防止になりますね。

 以前、『TVタックル』に麻生元総理とともに出演した時にも、この「ぶら下がり会見」のことを批判していました。
画像
11/8/2010


  私の総理ぶら下がりの時に、5人連続、朝日新聞の記者が聞くわけですよ。ちょっと異常でしょ? 7~8人来てるんですから。普通各社1人ですよね。7~8人来て次々と質問させて、イライラさせようってことですよね。何とか私に失言させようということなんですよ。何人もの記者に質問をさせて、不愉快な表情を映像に取らせようってことですよね。

 それで、時間がなくなったんで、「じゃぁ失礼します」って言ったら、背中に「総理、質問に答えて下さい」って言葉を浴びせるんです。そこで私は「何ですか」って言ったら、質問はないんですよ。要するに、質問もないのに言ってるんですね。 「質問に答えて下さい」というのをメディアで流して、無視していく後ろ姿の画像が欲しいということなんです。



 極めつけは、こちら→「週間朝日」の表紙がひどい。2009年と2012年の政権交代に対するマスゴミのスタンスの違いがよく表れています。どこまで腐ってるんだ、朝日よ(呆)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック