蔵の街を活かしたまちづくりワークショップ

 12月9日(土)、栃木市役所本庁舎にて蔵の街を活かしたまちづくりに関する提案発表会&講演会が行なわれました。

 まずは、宇都宮大学教育学部陣内研究室の学生6名による提案発表が行なわれました。

画像
挨拶する陣内雄次教授


○新卒採用の市役所職員を対象とした蔵のシェアハウス
○トゥクトゥクという三輪タクシーを使ったオリジナル蔵の街人力車
○栃木名産の桐下駄を使ったイベント
○蔵で行なう結婚式『蔵ディング』
○観光客が和装して街を歩く『タイムトラベル蔵の街』
○和装して行うマラソン大会『和装ラン』
○若者に受けやすいフォトジェニック(写真映えする)、インスタ映えするような街づくり


など、蔵の街の特徴を生かして、どのように街を活性化していくか、若者らしいユニークな提案が出されました。

 参加者には、市役所の職員や観光ボランティアの方々も多く見られ、各プレゼン終了後には活発な質疑応答がなされました。この中から、実現するプロジェクトが生まれるかもしれません。

画像
 休憩時間にも活発に意見交換が行なわれていました。皆さん熱心ですね~


 後半は、栃木県鹿沼市在住でカフェを経営する風間教司氏による講演会。廃家を利用しての店づくりやお店を出したい人たちへの場の提供、地元と観光客の交流など氏自身が実際に行なってきたまちづくりの具体例をたくさん聞くことができました。

画像
講師の風間氏


 今回の講演会の演題は「鹿沼市ネコヤド地区に学ぶ」というものでした。最初は、てっきり猫のいる民宿あるいは猫カフェでまちおこしをしている人の話だと思っていたのです。しかし、ネコヤドとは猫宿ではなく、鹿沼市根古屋(ねこや)という地区の名称でした。

 というわけで、CATのネコとはまったく関係のない話でありました。(^^ゞ
画像
「なんだ、あたしの話じゃないのか」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック