とちぎ花センター

 6月8日、栃木市岩舟町にあるとちぎ花センターへ出かけてきました。

画像



 今日は、栃木県民の日イベントの一環として、園内の巨大温室とちはなちゃんドームが無料開放されているのです
画像


 ちょうど一年前、ホタルまつりで訪れたのですが[参照記事はこちら]、その時は温室内が真っ暗で、花や草木は全く見えず。今回ようやく明るい時に再来場することができました。


 花の動物園~植物たちのサファリパークへようこそという企画展が開催中でした。ウサギの耳や牛の舌など、動物の形をした植物が集められています。

画像
全体の様子はこんな感じ


 いろいろな動物がいますが、猫好きとしてはやはりこちらに注目
画像
その名も猫の手シノブ。日本のシダで、茎の部分がモコモコで確かに猫の手っぽい。

画像
赤いけど猫のふわふわ尻尾そのものズバリの名前キャットテール



画像
遠くからでもすごく目立つクジャクアスター

 

画像
鮮やかな色が目を引くケイトウ(鶏頭)
 

 このほかにも興味深い鳥や動物由来の植物がいっぱい。「へ~」と感心しながら見て回りました。


 順路に従って進むと、昨年ホタルの大演武が見られた池や滝のあるところへたどり着きました。
画像


 大きなヤシの木などもあり、中を歩いていると熱帯雨林のようです。

画像
出口付近は一気に砂漠モード



画像
 出口には、世界最大の花ラフレシアの模型が展示。直径1メートルはありますね。


画像
 四季それぞれに合わせて訪れれば、さらに楽しめそう。花が好きな人にはたまらんでしょうな。


 駐車場へ向かう帰り道、こんな看板を発見
画像
 園内にある花屋さんの看板娘(猫)を紹介しています。見に行ってみようかと思いましたが、そのまま帰宅。


画像
我家の看板娘で充分でございます=^_^=

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 栃木県民の日

    Excerpt:  6月15日の栃木県民の日にちなんで、いろいろな施設が無料開放を行っています。 Weblog: 猫の手を借りた日記 racked: 2019-06-17 11:29